できるなら新しい賃貸なら鍵交換を

セキュリティの問題ですが、鍵交換していない業者もあります。女性なら注意したいポイント。

鍵交換は絶対です。

最近は新入居時に鍵の交換をする事を義務化している場合も多いようですが、個人所有のアパートで鍵の交換代金が2万円負担と言われ、このままで良いですと断りました。4階でしたので、こんなところに泥棒は入らないだろうと安心していたのですが、ある日帰宅したら何か様子がおかしく、電気を付けると、あるはずのテレビ、パソコン、オーディオセットなどの家電が取り外されて消えていました。
犯人は捕まりました。とても単純な事で私の一人前の住人でした。
即、引っ越しましたが、次の住居では、こちらから鍵交換をお願いしました。物品が無くなるのは、まだ救いだと思います。もっと危険な事が起こる可能性もあるので「鍵交換」はしておいた方が良いです。

洗濯機の設置場所の確認と新居周辺の飲食店情報収集

最近流行りの熟練離婚者です(男性)
結婚するまでは身の回りの事や食事は母親が行ってくれていました。
結婚してからはそのまま妻へ仕事がスルー。
なので、一人暮らしの経験がない為、家事の大変さを痛感しています。
引越し前に新転居を探す為、不動産屋と立地条件や間取りを色々検討したのですが、長年ファミリー世帯であったので一人暮らしとなると条件が一変していまいます。
ファミリーであれば、近隣に「スーパー・駅・役所・学校・病院」そして「間取り」が重視されますが、一人暮らしの場合は「間取り」と「駅」程度しか重視されていません。
確かに、病院や役所、スーパーなどの情報も記載してはありますし、必要な施設ではあるものの単身者にスーパーはあまり頻繁に利用するものでもなく、料理好きならまだしも、独身の更に男性ともなると「スーパー」なんて気が向いたら行く程度です。
なによりも必要なのが「飲食店」の存在。
主だった飲食店なんかは町に数件は必ずあるものでしょう。
とんでもない田舎だと話は別ですが。
私は数度、単身の引越しをした経験がありますが、ショッピングモールが徒歩圏にある住居の時が一番食事に困る事が少なかったです。
ショッピングモールであれば、専門店が多数ありますし、安価で済ませたければフードコートなんて選択肢もあります。
同じ敷地内で多くの種類の飲食店をチョイスできるのは利点です。
ただし、ショッピングモールがあると言う事は、その周辺には店舗が少ないというデメリットもあります。
いずれにしても、自炊できない点で単身者の生活は苦しい限りです。
あと、大失敗したのが「洗濯機」です。
元、家族が居たせいもありますが、洗濯機はドラム式の乾燥機能付きが単身者としては好ましいです。
いちいち洗濯機に衣類を入れて、水入れて、脱水して、取り出して、ベランダで干す。この一連の流れが「しんどい」です。
なので「全自動」を選びたくなります。
過去に全自動でずっと生活していましたので余計にそう感じます。
全自動でも毎日毎日、洗濯物も出ませんし量も少ないので週にまとめて洗濯したいと思います。
なので、大型容量のドラム式全自動乾燥機能付きの洗濯機を購入!
なかなかの費用がしましたが、これで生活の負担が取り除かれるならとカード決済。
さて、搬入日。
洗濯パンと言う洗濯機の設置される場所にあるプラスチックトレーの間に洗濯機が納まりません。
サイズオーバーです。
これは、電化量販店さんの店員さんの配慮で交換してもらいました。
(単身生活が始まる前に、お店の人に相談していたので。店側からすると単身者の間取りでその洗濯機が設置できるスペースがあるかの確認を怠った配慮)
で、ここからが最大の問題点です。

量販店さんの好意にて洗濯パンに収まるサイズの洗濯機を選定。
(やや小型になったので気分的には満足度がダウン)
納品日、設置しようとしたらまたもや設置できない現象が。

給水する為の蛇口が邪魔で洗濯機の高さ制限に引っかかるという痛い現象。
さすがにこれ以上は電気屋さんに文句言えないので悩んでたところ、設置業者が連絡をしてくれ再度、交換してくれることに。
(本当に感謝です)

結局、蛇口が低い位置にあるので通常の洗濯機でも天面のフタの開閉を考えると凄く小さい洗濯機をチョイスしないと設置できないというのが単身者設計の住宅事情なのだと痛感。
1ルーム〜1DKは特に要注意ですね。
ベランダに洗濯機を設置する住居もありますが、そこにはドラム式は設置は推奨されません。

一人暮らしに洗濯機は要注意です。

部屋の掃除

当時付き合っていた彼女がいましたが、一人暮らしをするにあたって遠距離になってしまいました。やはり男の性と言いますか、別の女性と遊んだりするようになり自宅に連れ込むことに成功しました。一人暮らしなので誰に迷惑をかけるでもなく自由に遊んでいましたが、急遽彼女が家に来ることになりました。ある程度部屋を片付けて彼女を迎え入れたので初めは問題ありませんでしたが時間がたつにつれてボロがでてきます…。連れ込んだ女性のメイクポーチをそのままにしてたのです(笑)そりゃビックリしますよね、男がメイクをするわけないって皆おもってますし、そんな話もしたことないし(笑)誤魔化しても誤魔化しきれなくなり別れてしまいました。掃除は常日頃から心がけて、なにかあれば違和感ですぐ気づけるようにしている方がいいかもしれません(笑)

掃除が出来るようにしておきましょう。

ひとり暮らしを始めるにあたって、掃除はけっこう大変なことだと思います。
・台所
・居室
・お風呂
・トイレ
とすべての部屋を掃除するのは、意外と時間がかかるものです。
特に、台所やトイレ、お風呂は掃除を放っておくと、汚れがあっという間にたまって、不衛生になります。
数日に1回とかのペースでまとめて掃除するのは時間がかかるので、使った時に少しずつでも掃除をしていくのをお勧めします。
そのポイントは
・台所
調理カス、生ごみはこまめに捨てるようにしましょう。
棚に買い物袋をぶら下げてすぐ捨てられるようにしてました
・お風呂
お風呂に入る前に、必ず洗うようにしてました。ユニットバスの場合は、髪の毛のつまりに注意した方がいいです。
・トイレ
用を足した後に、水に流せる厚手のクリーニングシート(正式名称が分かりません)で掃除をするように心がけてました。
といったことがあります。

光熱費を引き落としにしておくこと。

請求書払いで毎月光熱費を支払うような形にしていると、ついつい忘れてしまうことがあると思います。督促状が来たりがするのも気持ちの良い物ではありません。延滞利息もバカバカしいです。
私は払えなくて止められたことはありませんが、「〇日までにお支払いが確認できなければ止めます」という最終通告は来たことがあります。コンビニに行く機会の多い人だと、ついでに払えたりするのですが、私はあまり普段コンビニを利用しないので、支払いの為だけにコンビニに行くのも中々億劫でした。
電気代、ガス代、水道代など光熱費は早めに口座引き落としにしましょう。クレジット支払いが可能なら、クレジットの方が良いです。ポイントが付くのでお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。