一人暮らしはご近所さんとのコミュニケーションはある程度重要

地方で一人暮らしをするのであればご近所さんとの付き合いはそれなりにしておいた方がいいです。

最悪村八分、都内ならいいんですがコミュニケーションは重要です。

ご近所さんとのコミュニケーション

私も18歳の時に一人暮らしを経験しました。親元を離れ今までは挨拶する事もなく過ごしていましたが心機一転とばかりに挨拶する習慣を考え実行しました。
最初はしどろもどろする若者におばさん達はおはよう〜お帰りなさいと気さくに話しかけられるのが恥ずかしくて小さな声でおはようございます…ただ今と言ってたのですが 月日が経つにつれて自然に大きな声で挨拶する様になりました。
すると今度は自分の方から挨拶出来るようになり 世間話まではいきませんがお話も出来るようになった頃、これ食べなさい!とオカズなんかも頂く様になりました。
結局は挨拶なんですよね…もしあの時 勇気を出して言わなかったら隣の若い子だけしか認識されませんからね。
あの後は 近所の子供達まで挨拶してくれるようにならはました。

浴室や台所など水場周りの掃除はこまめにやった方がよいです。

私は学生の頃、狭い2階建てのアパートの2階に住んでいました。浴室とトイレは別になっていました。浴室には小さな換気扇一つしかなく、窓がありませんでした。二週間位掃除をサボったり、長期休暇で帰省などしている間に、あっという間にカビが広がってしまいました。それからは、カビと一緒にお風呂に入る羽目になりました。長期で家を空ける場合などは浴室と台所周りは水気をよくとってから出かけた方がよいと思います。少し面倒くさくても、部屋より、水回りの掃除はこまめにやることです。最初にカビ予防のコーティングとかするのもおすすめです。

鍵をかけること

元々鍵をかける習慣がなかった為、仕事に出るときすら鍵をかけていませんでした。ある時からなくしものが増えたというか、見つからないなと思うことが多くなりましたが、きっと部屋が散らかっているからだろうと対して深く考えていませんでした。ある日とうとう部屋の大掃除を決行しましたが、なくしたものたちは出て来ず、それでもそこまで深く考えることはありませんでした。ところがしばらくたって警察がやってきて、近所で逮捕された空き巣の犯人が、私の部屋も空き巣に入ったと自供したと告げられました。盗まれたものは、Wiiのリモコンと下着でした。気づかなかったことにも驚きましたし、恥ずかしい思いもしました。鍵はかけましょう。大事なものを盗まれるかもしれないし、命も危険にさらします。多少面倒でも、絶対かけた方がいいです!

外国語学学習

一人暮らししていた時、やはり週末の時間が余りました。とくにすることがなければゴロゴロしながら過ごしてしまうのですが急に状況が変化した時、例えば友人に海外旅行に行こうと誘われる、会社で外国人が研修に来る、道端で外国人に道を聞かれるなどあると思います。その時にある程度の語学で受け答えできれば評価うなぎのぼり。学習をしていないと思われていれば思われているほどOK。これが出会いにつながりその後の人生が大きく変わることがあります。世界は広いので一人暮らししていて時間があるなら迷わず外国語学学習をお勧めします。

自炊

自分は一人暮らしを10年以上していますが、今の今まで一度も自炊をしたことがありません。自炊をしない理由は2つあり、1つはそもそも料理が出来ない、2つ目は自分が15分程度で食べる食事を買い物や料理、後片付けを含め1時間かけて行うことが効率的でないと感じてしまうからです。その為食事はコンビニ弁当か外食です。自炊をしないデメリットは栄養が偏ることです。外で食べる食事は塩分などが高く、健康にあまりよくありません。しかも自分の好きなものばかり頼んでしまうので栄養に偏りが生まれます。また経済的にも良くないです。自炊をすることで多くのことを得られると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。