一人暮らしは自炊を覚えるとお金が浮く

一人暮らしでアドバイスすると自炊はある程度できたほうがいいということ。

なによりもお金が浮く、健康になれる、割と楽しいです。

自炊

自炊はやっておいてそんはないと思います。私は最初、自炊をせずに外食ばかりしていました。そのため、健康に悪いばかりか、お金もかかって、大変でした。自炊に変更したところ、自分で作ることで材料への愛着も沸くようになりました。それだけでなくて、お弁当など作るため、時間のマネジメントが上手になったと思います。この能力は、一人暮らしの時だけでなくて、結婚してからも役にたつと思います。なぜなら、旦那さんに美味しい手料理を振る舞ってあげられるし、お弁当も二人分作ることになっても苦しくないからです。なので、練習しておくと良いです。

一人暮らしだと自炊をしても食材を余らせたり、同じようなものを食べ続けないといけないので、外食に片寄りがちになりますが、自炊はできるだけしたほうがいいです。経済的にもだいぶ変わってきます。普段いくら使っているかにもよりますが、三分の一くらいにはなるのではないでしょうか。これからの時代できるだけお金は貯めておいたほうがいいです。私は社会人で一人暮らしをしたときは95%外食でした。完全に自炊をすることは難しくても、半分くらい自炊ができればもう少しお金を貯めることができたのではないかと、今では後悔しています。

クレジットカードをつくっておく

一人ぐらいで、一番こわいのは働けない、もしくは、働きたくても働き先が状態です。そんな状態を、なんとか抜け出すのに、クレジットカードのキャッシングはとはも有効です。これが、あるのと、ないのでは天と地ほどの違いがあります。信用があるうちに、作れるだけ、作っておくのがいいとおもいます。ブラックリストにはいっていないなら、一社50万円は借りられます。あとリボ払いにできるかも、調べてて置きましょう。リボ払いにできれば、極端に支払いをおくらせることが可能です。いつでも自分で調整できるようにしておいたほうがいいでしょう。

一緒に住んでる人に見られたら怒られそうなこと

とにかく1日中寝るとか、朝からお酒飲むとか、1日好きなものしか食べないとか、他の家族やパートナーと一緒に暮らしている時にそれをやると怒られたり引かれたりすることを思いっきりやっておくのがおすすめです。一人暮らしでなければ、誰にも邪魔も干渉もされずに1日過ごせることって意外と少ないと思います。ドアベルが鳴っても電話が鳴っても全て無視するとかも、誰かと一緒に住んでると意外とできないです。何をするかは人それぞれですが、誰に遠慮することもなく自分のやりたいことを丸1日やるという日をたまに作ると、逆にもっとやりたいことが見えてくるかもしれないですよ。

ポスティングされた業者には頼むな

私は大学を卒業後、就職をするため上京しましたが、失業をして北海道に帰って来ることになりました。その時、まだ世間知らずだったため、引っ越し業者を探すのに大変だという事でポスティングされていたチラシの先に電話してやって貰う事にしたのですが、ものすごく不親切であり、しかも家電製品の買取もしてくれるとうたっていたにもかかわらず、それをしなかったばかりか、価格も不当に高い金額を突き付けられました。しかも知的障害者を雇っているのはいいにしても、ちゃんと仕事をしない知的障害者を現場にこらせたのです。皆さんも、ポスティングには気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。